出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品企業のクレームへの危機感の温度差

2007年01月27日
私は流通している食品を購入し、表示点検・細菌検査を行っています。主目的は自身の品質保証技能の研鑽です。

食品表示、原材料一括表示の書き方を食品衛生法・JAS法・景表法の観点からチェックし、違法表示と衛生状況の関連性を調べています。表示上の違法性が高い商品が衛生上も問題があるケースが多いのは調査をするまでも無いのですが、食品分類毎の傾向・業界実情は実際調査をしないとわかりませんので、予想と調査結果の相違を知る事で知識を集積し、目利き技能を高めています。

たまには問題のある商品の製造元に注意を促すこともありますが、多くの場合無視されます。ある意味企業側としては迷惑千番な話ですので。ただ外部からの指摘については企業としては慎重に丁重に対応する方が無難です。

個人客から保健所に持ち込まれ話が大きくなってしまう事例の多くは、企業側の対応に不満を抱いたり、不信感を抱いたりした時だという事はよく知られた事実です。

胡散臭い、と思っても丁寧な口調で対応する、初期対応を間違え大事にならないよう、苦情対応担当者は気をつける必要があります。私のような変わった人は少ないと思いますが。

誤解のないよう、私は保健所に告発した事は一度たりともありません。違法性の調査に留めていますので。人命に関わる深刻な品質異常まで踏み込んで調査した場合、良心の呵責に耐えかねて告発するはめになるのは嫌ですので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています