出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法の建前についても触れてはいますが、運用実態に対応して書いた実務書です。

2009年07月26日
小規模食品事業者は大手と同じような建前では営業できません。食品行政が公言していることを全てそのまま小規模食品事業者がやれるか、答えは「もちろん」ノーです。出来ません。

行政には気の毒ですが、行政が公言出来ない(消費者から非難を浴びるでしょうから)「小規模事業者向けの法運用実態」を踏まえて書いた、実態に則した「使える実務書」です。

消費者・行政が読めば眉をひそめるでしょうが、実質「不可能」な事を要求しても出来ないものは出来ません。食品関連法順守に要する「人(人材)」「金(資金)」「物(施設・設備・検査分析機器)」を小規模食品事業者では揃えられません。

但し、出来るのであれば建前で行動して頂きたいですから、建前「も」書いてはいます。食品の場合、建前「だけ」を踏まえた実務書は小規模食品事業者にとっては「使えない」実務書(絵に描いた餅)になりますので、「小規模食品事業者に限定した」実務本とご理解ください。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています