出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

強者対弱者。この印象を回避する先手を打つ、この考え方が必要なのでは?

2009年06月24日
当事者間での閉じた中で事が終息する・できると考えていては後手後手に回り、負う傷・ダメージをいたずらに広げるだけ、そういう心証を受ける。

弱者は声を挙げなければ確かにそのまま弱者のままかもしれませんが、一旦声を挙げれば大衆(私もその一人)は弱者側につく。個人的に利得がある場合は強者につくかもしれませんが、利害がなければ弱者側につくでしょう。

声を挙げられないように、圧力を掛けても今の世では逆効果。声を挙げられないよう、弱者側(大衆からみて)に配慮する先手を打たないのはダメージコントロールの意識が希薄だからなのでしょう。大きく報じられる前に歩み寄りを打ち出していれば、世の中からそうは叩かれない・非難されないでしょう。

おっちゃん、またまた傍若無人の言いっぱなし。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています