出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

コンビニ弁当の売り切れ。そんなに問題なのだろうか?

2009年06月24日
コンビニ弁当のヘビーユーザーなら「あの弁当が食べたい」と思って、コンビニに行くのだとしたら、確かにガッカリするかもしれない。私のような「何食べよっかな〜」コンビニに入ってそこにある物から選ぶ者にとっては売り切れがあっても気にならない。

私は仕事の関係でおにぎりをドッサリ(一度に10〜30個)買うことがありました。全部買うとコンビニ店頭在庫がなくなるので、遠慮して数件のコンビニをハシゴして数を集めましたが、それでも急ぐ時はそのコンビニのおにぎりがほとんど無くなるということもありました。

まとめて数を買うという人は結構いるのでは?品切れが販売機会損失であるのは確かですが、廃棄コスト・エコへのマイナスイメージとの損得を天秤にかけて本当に損なのか?過去のビジネスモデルに過度に固執しているのでは、そういう疑問は抱く。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています