出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ただこの一冊に魂を注ぐ。本はそれを書いた人の分身。

2009年05月15日
魂を込めて書く。ただその一点。

出版社の担当者の方には申し訳ないが、「売れる本」を心掛けて書いてはいない。それだけの技量もない。出版社の方も私に「売れる本」をとは一切言わない、「役に立つ本」をと。才能のない者にプレッシャーをかけても「売れる本」は書けるものではない、と思ってくれているのでしょう。

私は「役に立つ本を」と思って書いてはいない、「魂を込めた私の分身(本)があなたの傍にいつもいる、必ずあなたを助ける」そういう思いを込めて書いている。これまでの経験・知識をただこの一冊に注ぐ。この本が一人の人でも助けることができるのなら、私はこの世に生を受けた甲斐があるというもの。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています