出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

農水省の説明能力に期待。

2009年04月27日
ロシア・中国・インドネシア・フィリピン・タイがメキシコ産・アメリカ産豚肉の輸入制限を開始した。消費者からすれば「輸入禁止を決めた国が5カ国もあるのに日本はなぜ輸入禁止にしないの?」という素朴な疑問(不安)を感じる人もいるでしょう。この点についても見解を準備頂きたい。

霞が関はたぶん十分な睡眠がとれない、ほぼ不眠不休の状況かもしれないと思うと気の毒にも思いますが、これに対する農水省見解には絶妙なバランス感覚が求められる。流石霞が関という見解をお願いしたい。

輸入制限した国を刺激せず、また輸入制限する必要なしということを消費者に納得してもらえる見解。これは知恵の絞りどころ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています