出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

早期に小沢さんは代表辞任し、岡田さんを代表にした方が民主党・小沢さん双方にとって利。

2009年04月27日
検察に表立った動きがみられない。これは小沢さん・民主党にとって不利な材料。小沢さんが代表である限り、疑惑の霧は小沢民主党にかかる。疑惑を巡る、検察対小沢民主党のイメージは民主党にとって選挙にマイナスとして影響する。代表を辞任し、検察対小沢個人とした方が得策。

問題は「辞任=検察に負けた」とならないよう辞任会見で如何に国民に説明するか、今後の党内影響力を残す意味で辞任会見の成否一点に今は精力を注ぐべきでしょう。政治生命を賭けた乾坤一擲を期待する。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています