出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

何らかの食品関連法違反があるのは当たり前。

2009年04月26日

私は民間人ですから、行政なら摘発義務があるでしょうが、私は告発義務がありませんので、気楽に見て回れる。全国津々浦々見て回れるわけではありませんので、遠方の都道府県はネットショップ上などで情報収集。違法・違反に当たる情報収集に抵抗を感じない。この企業の営業形態・この違反ケースならどうソフトランディングさせられるか、ということを気楽にシュミレーション出来る。行政の場合は告発義務を負っているのでなかなか立場が難しいでしょう。

事業者に立ち入らず、商品を点検・検査せずに走るは行政の保身としてやむを得ない面があるとしても、集合教育の機会を増やして「実のある」啓蒙をしなければ、責任・非難を回避できない事も何れ起こる、そういう危機意識を持つことは必要でしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています