出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

加工食品の場合。5アレルゲン記載漏れは購入者全てを速やかに特定できなければ、即公表しましょう。

2009年02月15日
小麦・卵・乳・そば・落花生。これは事業者規模の大小は関係ありません。告知・回収します。「アレルゲン?私は大丈夫よ。」そう仰って頂いた購入者には召し上がって頂いても構いません。

産地の間違い?それは食する方の健康に影響を与えません。先ずもって食品関係者が神経を尖らすべきはお客様の健康。優先順位の高い方から間違いを起こさないようにしていきましょう。

JAS法に関する間違いはお客様に対しては大変申し訳ないことですので是正するようにしましょう、ただし勿論「JAS法違反の元締め」農水省くんだりから四の五の言われる筋合いなどは一切ありません、なんちゃって〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています