出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ん?おにぎり・弁当のJAS規格新設。厚労省への根回しは済んでいるのでしょうか?

2009年02月11日
JAS規格は勿論農水省の所管。他省に根回しする必要はない、昔ならそう。今時勢では?それは片手落ち。

なぜ?それは『JAS規格認定食品は丸ごと国が「安全」安心を保証している物』と消費者が誤解する可能性があるから、です。農水省がJAS規格で消費者に保証するのは「安心」、安全は主に厚労省の管轄。

JAS規格認定食品で農水省管轄外の問題、食品衛生法違反(ミスによる違反)が公になった場合、またまた揉めるでしょう。食品の場合、今や単一の省庁で事を進められないことは農水省も痛い思いをして十分理解しているとは思いますので、私の単なる老婆心ならいいのですが。

「昭和の頭で平成の食品行政を考えた」のでなければ良いのですが。どちらにしても私に実害の及ぶ話ではありませんが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています