出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

大腸菌群>大腸菌>0−157。食品事業者には必要な知識です。

2007年06月20日
食品の賞味期限・消費期限の設定や日頃製造した食品の安全性を確認する際に行う「細菌検査」或いは「微生物検査」の項目は、一般的には「一般生菌数」と「大腸菌群」です。

この用語の意味は食品事業者としては知っていないと、外部から食品衛生に疑念の目を向けられます。

一般生菌数は「生きている細菌の総数」を意味し、大腸菌群は「大腸菌に類する細菌群」を意味します。これらの用語は学術用語ではなく、食品衛生上の便宜的用語です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています