出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食関連法順守。その社の現状を正しく伝えることの難しさを痛感。

2009年01月31日
私は基本的に食品関連法を完璧に順守できている企業はない、と思っている。会社の規模・業態・知名度によって求められる食関連法順守レベルが異なる。外部視点で自社の食関連法順守レベルは?危機管理上妥当な食関連法順守レベルは?これらを知る・見極めることは今時勢不可欠。

コンサル打診を受けて面談する時には現状についてあまり辛いことは言いたくない、辛いこと=違法指摘ですから。相手も困るでしょうが、私も気まずい。現状に対して相応の危機意識をもっていれば辛いことを言わずに徐々に不安を与えずに修正することは出来ますが、危機意識が低い場合は私もあきらめる。不二家のコンサルタントが刺激的な文言を入れた意味が何となく理解できるようになった未熟な私、であった。

それにしても食品行政にはトップ啓蒙だけはしてほしい。そうすればフウテンの寅さんではありませんが、ちょっと歌詞をかえて「♪こ〜ん〜な、苦労もしないのに、しな〜い〜の〜に〜♪」なんてね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています