出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

優良誤認にあたる不当表示。景品表示法視点での改善が必要。

2009年01月29日
多くの方にとっては常識で誤解をしない、としても一部でも誤解する、またはそう思われる可能性があるなら、是正しなければならない。事業者側からすれば既存包装材の切替の問題がありますので、今今というのも酷ですから、公正取引委員会にも「バリバリの悪意」が介在していないなら個別個別の実情を勘案し時間的猶予を与えてあげてほしい、と思います。事業者側には悪意の無い思い込みは有り勝ちですので。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています