出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

詫び状代筆の心得。ミスした人への思いやり。

2008年12月28日
私が気にかけることは、直接的にミスした人が社内で肩身の狭い思いをしているだろう、ということです。

会ったことのないその人を気遣い、宛て先の方にも納得頂ける文面を書く。

「誰も傷つけない」「皆を思いやる」この境地で集中できた時に私の能力としては120点の文面が書けるというもの。

私にとって良い詫び状とは「遠く離れて暮らす老親に送る手紙」のような敬愛慈愛が行間に流れる文面。若かりし頃、こういう境地であったなら、いいラブレターが書けただろうに、とちょっと横道。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています