出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

中小零細食品事業者向の表示講習会は各都道府県毎に半年に1回は開催する必要がある。

2008年11月24日
一定規模以上の事業者は取引先に鍛えられて表示の知識が身についてくるもの。規模の小さい事業者はそういう機会にあまり恵まれない。但し法の網は規模にかかわらずかけられている。表示の知識のある消費者から然るべき筋に指摘がなされれば、要回収となるでしょう。

都道府県は地域振興の視点から半年に一度は食品衛生法・JAS法・景品表示法の横断的表示講習会を設ける必要があるでしょう。本来は商工会等の民間サイドで企画するべきですが、そういう意識は現在のところあまり育っているとはいえませんので、行政側が面倒を見てあげるしかないように思いますので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています