出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

伊藤ハム。保健所へ報告したことを評価する。私は食品業界に関して素人ではない。よって、保健所への報告遅れは問わない。

2008年10月28日
報告した、公表した、ということを業界通の方は評価するでしょう。自ら違反の事実を把握できる事業者はいったい何%あるでしょう。自らの手で違反の事実を把握し、届け出たことをなぜ社会は評価しないのか。「報告が遅い」そんな重箱の隅をつつく様なさもしさは世相の荒廃を反映したものなのでしょうか。「報告が遅い。隠蔽しようとしたのではないか。」と非難を浴びることを覚悟の上で届け出ただろうと思います。私はその勇気に感銘する。 

今回の伊藤ハムへのバッシングをみるにつけ、公表を逡巡或いは隠蔽しようとする企業が出ても私には一概に非難する気にはなれない。消費サイドが食の安心を希求して、結果として食の安全を脅かす方向に自ら推し進めているのではないか、そんな矛盾を感じる。マスコミには食品業界の多重多層を知って報道頂きたい、消費者のためにそう願う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています