出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

大手食品製造会社が日本の食の安全を支えている、外部から経営にダメージを与えてはいけない。

2008年10月26日
食の安全を自前で検証する能力があるのは大手食品製造企業だけ。その他は資本(金・人材)の面で難しい。消費者が食の安全を希求するなら、大手への批判・非難はほどほどにしておかないと安全性未確認食品がはびこり、食の安全は遠のく。大手のミス・違反は食の安全上かわいいもの、伊藤ハムの件も流石大手だな〜この程度のことで公表回収するとは。伊藤ハム製品への信頼感・安心感が増す。

ただこの程度のこと(健康リスクが無視できるほど低い)で回収しなくてはならない風潮には大いに疑問を感じる。公表はさせる、但し回収はさせない、という気概を持つ行政組織を作る必要がある。責任回避に奔走する行政は政治家のせい?政治家が利益誘導に奔走するのは有権者のせい?ということは私にも責があり。

真面目に高頻度で検査したがゆえに基準を少しオーバーしたことを知ってしまう、知ったからには回収しないわけにはいかない、この現状は誠実・生真面目・正直者が馬鹿をみる今の世の中を色濃く反映している。知らぬが仏。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています