出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

マスコミ・評論家は会見者のその後を考えて物を言っているのでしょうか?

2008年10月26日
そんな事は関係ないとお考えなのでしょうか。それが報道というものなら、私は発言を止めない。伊藤ハム東京工場長さんの謝罪時の腰の角度・謝罪会見中の顔を写真で拝見しただけでも、私には十分そのお気持ちは伝わりました。反省する人の傷口に塩をすり込むようなマネはよろしくない。私も自戒。

この工場長さんが後に現在の職より高い地位になるようなら、私は伊藤ハムのファンになる。失敗を体に刻んだ人間は組織の宝となるはずですから。そうでないなら、私は伊藤ハムに心を寄せることはない。

東京工場からの水道水供給申し入れに対して、キャパの問題があったにしろ、供給を断った行政側にも相応の責はある。地下水使用を強いられた企業側の心労は如何ばかりか。そして保健所も知識あるものとして到底伊藤ハムを責める立場にはない、この事は保健所も改めて言われまでもなくわかっているでしょうが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています