出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

大手は問題があれば発表する。自主公表を実際に見聞きすると、私はその企業に対して一層信頼感・安心感が増す。

2008年10月26日
私は一般的な消費者ではないかもしれません、へそ曲がり。但し業界事情に詳しいへそ曲がり。問題を自力で発見できるシステム・検査分析力・法令順守体制があるんだな〜、流石伊藤ハム、大企業は違うな〜、と私は伊藤ハム製品に一層の安心感を抱いた。

「発表が遅い」と非難を浴びることが目に見えている状況でも、身のすくむケースでも、発表したんです、これは非難ではなく好意を向けるべき。これを非難するようでは、隠蔽・不正に企業側を追い詰めることになりますので、マスコミ・消費者が自ら食の安全・安心を危うくするもの遠ざけるものだということは理解しなくてはいけません。

伊藤ハムの今回の件について、以後の各マスコミの報道を観ながら、マスコミ各社の見識を査定しよう。全国レベルでは毎日新聞はたぶん高査定になるだろうという予想。他はどうでしょう?

マスコミに非協力的な私。高査定のマスコミがあれば、今後協力するのもそれなりに社会的意義があるのかもしれない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています