出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

パート・アルバイトの定着率の低い食品製造企業は内憂外患。

2007年06月19日
昨今非正規従業員の比率が上昇するにつれ、企業に対する従業員の愛着・忠誠心は低下しています。

特にオートメーションしにくい少量多品種を人海戦術で製造している企業では、定着率が低い。定着率が低い理由は、人間関係も含め多種多様でしょうが、勤務期間が短い=愛着心が希薄というだけでなく、恨み・逆恨みを受けることもあるかもしれません。

ネット上では、内実を暴露する書込みが飛び交っていますが、その中にはその企業が容易に特定されるような表現も見られます。現在は行政・マスコミが注目する例は出ていませんが、ある意味企業にとっては脅威です。

多くの場合、「あの企業の○○は薬漬け!」というような抽象的表現が多く、薬とは食品添加物を指すようですが、「薬」と思ったものがどうも複合調味料だったり、用語・表現が専門的でなかったり感情的だったりするためか、客観的信憑性を抱きにくいように、私には思えます。

マニヤックな扱いですが、ネットの世界はいつ何がブレイクするか予測しにくい世界です。たまには企業の危機管理担当者は自社名・自社商品名を各検索エンジンで検索し、自社の評判・評価をチェックしてみては如何、かと思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています