出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

求められる原料受け入れ検査は今や「神の領域」

2008年09月24日

道端の石ころにも神が宿る、八百万の神がいる、「坊や〜よい子だ、寝んねしな〜」テレビの日本昔話をその昔楽しみにしていた私には神頼みの時代か、と。

検査は想定したターゲットの物・物質・成分しか測定できません。想定外の物が入っていた(入れられていた)ならお手上げ。中小零細企業ならはなから運に任せるしかありませんが、大手・行政はリスクヘッジの手を打たないと。いやはや、何とも頭が痛いことでしょう。

消費者は大手企業なら出来るだろうと、過大な期待・要求をしますので、本に気の休まることがないのでは。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています