出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「完勝は下策」「窮鼠猫を食む」を知るは行政の処世。

2008年08月31日
中小企業を追い詰めると思わぬ反撃を受けることも。零細民間の不祥事では職を失う・生活基盤である会社が倒産するということが最悪ではありません。それ以上が民では起こりえる。民と官の最悪に対する認識のズレが悲劇を生む。そのことを知らずに退路を断てば官も傷を負うでしょう。想定した上での判断・処分ならそれはまた別の話。

私の話は公平性という現実に立脚した話で法令順守が当り前という理想論・空論に足場は置いていません。法令順守が如何に難しいか、法を学び習熟に努めているであろう官ならわかろうといううもの。健康危害リスクをひめた違反・悪意先行型違反に対しては勿論公益上厳正に対処すべき。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています