出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

産地偽装の主犯は当該事業者ではない。

2008年08月05日
産地偽装にもいろいろありますが、そもそも消費者が国産を信奉するのは何故か?

それは明快。外国産への不安。外国産原料を使用する食品企業の商品は買ってもらえない。廃業・倒産が頭をよぎった時、経営者がイケナイと思いつつ、平常な判断力を失い(魔がさして)ズルズル、そういうケースもある。公になれば他者が風評被害を被ることもありますので、憤懣やるかたない、という反応を示す人がいるのもわかる。

但し、それはあくまで民間人に許されること。国・行政が憤るのは当事者意識の欠如としか言いようがない。輸入食品の安全性に責任を持つべき国に対する不信が一連の根っこ。相応の責任を感じて然るべきですが、とんとそういう発言は聴かない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています