出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

行政指導...「そして、途方に暮れる...」

2008年07月27日
そういう事業者さんも多い。行政指導を受け、「何を」「どうしたらいいのか」「どのように顛末書・報告書を書いて提出したらいいのか」悩んで、日延べしてしまう。こういうケースは珍しいことではありません。

行政は違反事項を指摘し、調査・改善報告を求めますが、具体的な改善策を指導はしません。事業者自身が考えなければなりません。

行政指導を受け、数日経ってから助言・代行の依頼を頂いた場合、即日相談を受けた場合と異なり、態度硬化した行政を納得させるには対策がより厳しいものになり、事業者の被る損失・負荷もまた大きくなります。損失・負荷を最小化するためには、適正な改善報告書・顛末書提出の「スピード」が鍵になります。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています