出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

風味異常苦情発生時に中小企業がするべきこと。王道?基本?といえば。

2008年07月14日

苦情品と同日製造品を入手すること。キープサンプルを採っていない企業は多いですから、自社の製品を販売している店に走り、数点購入してくること。

そして苦情品と別途入手した対象品を同時に微生物検査する。苦情の内容により、一般生菌数・大腸菌群・カビ・酵母、.......。

それらの検査結果から、苦情品に異常があったのか、その他の同日生産品にも異常があったのか把握する。苦情品は異常である例が多いですが、これはこれとして謝罪する。但し回収が必要であったか否か、このキーは他の同日製造品の結果。

中小企業のリスク管理、ダメージコントロール。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています