出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

謝罪会見に観る「美意識」

2008年06月29日
不祥事会見にこそ「日本の美意識」を観たいもの。今も印象に残るのは最後の山一證券社長の会見。

「悪いのは私たち経営陣です。社員は悪くありません。」(社長は就任まもなくで損な役回りを押し付けられたに過ぎないにもかかわらずの発言)一切の非難は私(社長)に浴びせてほしい、その当時社会から向けられる冷たい視線と生活の糧を失う社員とその家族のことを慮った切々とした言葉。これぞ日本の自己犠牲「古き善き」美意識。こう在りたい。

と云いつつ「古き善き人」が割を喰うのが今の世。いやはやなんとも世知辛い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています