出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

レバ刺しでの食中毒。提供した飲食店の責任比率60%。

2008年06月15日
私の個人的感想です。そもそもレバ刺しを禁止しない・提供する・食する、それぞれに疑問を感じます。提供した飲食店の責任:60%、食した人(勧めた人)の責任:10%、監督行政の責任:30%。

法令で禁止していない物・店が提供している物を信用して食した人に責任は無い、と言いたいところですが、「生のレバー」ですから私のような職種からすると「食べる人も食べる人」という気持ちが心の片隅にはあるので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています