出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

JAS法違反で公表。行政による自作自演。

2008年06月08日
JAS法違反(多くは知識不足・ミスによる過失)が少ないかのように世論を誘導するための摘発・公表なのではという印象を持つ。買い物に行くと、職業上ついつい表示を視る。今日もそう。行政から指導・公表される事業者は運が悪い、ということをツクヅク感じる。

行政に摘発・公表する資格があるだろうか?啓蒙が本務であるべき。行政は本来の仕事を先ずしなさい、と言いたい。

外部からでも告発・摘発はできる。失礼ながらその方面の技能は民間に長あり。民が手を出せないのは強制力ある啓蒙。このことは未だ行政には理解できないらしい。たぶん知らない振りでなく、本当に理解できないのでは。これこそ厄介。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています