出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

大手でも間違える食品表示。「・・・または国産」は勿論不適切表現です。

2008年05月03日
大手でも間違えることはある、それが食品表示、というもの。「・・・または国産」「国産または・・・」という産地表示の表現は消費者が優良誤認する可能性があることから「不適当」と農水省のQ&Aに掲載されていましたが、見逃したのでしょうか、うっかり失念したのでしょうか?

ただ言えることは味の素のような大手が優良誤認と一見してわかる表現を堂々と使うわけもなく、単なる勘違い(悪意は全くない)なのでしょう。他社に先駆け産地表示をしたことが結果としては裏目に。

大手ですら間違えることがある、人間ですから。大手には衆目が集まるだけに、気の毒、な気もします。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています