出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

依頼を受けた賞味期限資料を作成中。ついでに、沈思黙考中?

2008年04月27日
既存品・新商品。賞味期限が2週間以内の食品なら腕組みして考えるまでもない。ただ検査して資料をまとめるだけ。

唸りながら考えるのは長期賞味期限の商品。4ヶ月とか1年とか。7ヵ月後、1年半後に結果を報告する、それで構わないのなら問題はありませんが、賞味期限の妥当性根拠資料を早期に必要としている場合、これが普通ですが、そういう場合は頭を悩ます。今依頼頂いているのは3社分。

過酷試験のバックデータもない中で、う〜ん、唸ってしまう。とはいえ必ず要望に応えますが、もうしばらく、一休さん状態。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています