出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ダメージ・コントロール。脅かすつもりはありませんが、知らぬが仏。

2008年04月23日
私のように「ある程度」知識・経験があると、「とてもそんな危ないことは出来ないな〜」。そう思うような事を知らないがためにやってしまう、規模の小さい食品製造者ではよくある。

既存の商品について行政に質問する時には気をつけた方がいい。わからないから質問する、言い換えれば「法に照らして正しいのかわからない」から質問する。新商品開発段階ならあまり問題にならないですが、現在販売中の商品について問合せて、「それは適切でない」と言われて「じゃ〜、今後直します」それで一件落着すればよいですが。

「窮鳥懐に入れば〜」と相談に応じた相手が目を瞑ってくれればよいですが、まな板に自ら載った鯉、運を天に任せるが如きもの。

質問は「諸刃の剣」。

不得手な分野は誰にでもあり、私もご他聞に漏れませんが、知らぬが故の大胆な振る舞い。自身では「何が」大胆なのか、その方面に造詣の深い他者から噛んでふくめるように教えてもらわない限り知る由もない。桑原、桑原。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています