出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

流石のNHKも食の安全・品質保証には疎い。

2008年03月30日
確かに食については量的安全保障が重視されてきましたので、質(栄養価ではなく安全面)への関心は低かったですので、この方面の取材・編集への戸惑いは止むを得ないのでしょう。

NHKの番組で編集側の戸惑いがこれ程画面から伝わってくるというのは初めて観たように思います。(マスメディアとして、朝日新聞の見識には疑問を感じるようになってしまいましたが、今もNHKに対してはその見識・良識には敬意を抱いている。科学面の教養番組が減った事と多少の不祥事で萎縮しているためか視聴者におもねる姿勢は一視聴者として残念、余談。)

報道のプロ集団でもこうなのですから、消費者の不安・戸惑いは別方面の不安事象が発生し相対として関心が移る、結果として食への不安感が相対的に軽減されるという沈静化のシナリオしか方向性は見えない。

*欧米は狩猟民族、日本は農耕民族。日本に欧米式危機管理は育ちません。少なくとも歴史を紐解けば、予防・回避に労・金を使う精神構造素地はない。

よろずや稼業の傘貼り素浪人ゆえのお気楽放言、悪しからず。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています