出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

4月1日はXデー? JAS法改正(業者間取引)

2008年03月29日

出荷事業者と荷受事業者との間での法的枠組みですので、荷受事業者側で不備に気づいた場合は返品・赤伝処理で済む話ではあります。但しこれは中小事業者間での話。

知名度の高い所謂「大手筋」が介在した場合、法令順守(コンプライアンス)を社内規定に謳っている以上、内々に処理するのか(してくれるのか)は不透明。

大手筋自体は対処済みでしょうが、中小零細筋では法改正自体を知らないケースもある(決して少なくない)。業者間でのクローズのこととはいえ、「JAS法違反」にあたるケースをどう取扱うべきか?

悩むところでしょう。返品は止むを得ない対応としてもその事実を行政に報告する義務があるのか、「私作る人、貴方守る人」的考えで出来た法ですから事業者サイドにとっては厄介。

施行がエープリルフールだけに法自体冗談だったりして。な〜んちゃって。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています