出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「蛇の道は蛇」を活用しないのは行政のプライドか?それとも.....。

2008年03月14日
ミートホープの元社長の裁判。本人は知識を活かして社会貢献したいとのこと。罪は罪として、確かに真偽眼はおそらく相当なものだろうと想像する。欧米なら社会貢献も一つの贖罪。

行政側にこの真偽眼は無い。不正を今後正していくには必要な技能ですが、体面上教えを乞うことは出来ないでしょう。沽券とは中々に厄介なものよ。

(異説)
・・・・・・。執行猶予がつき自由に見て廻られて、その真偽眼を発揮されまたぞろ不正表示が顕在化しては行政の面目がたたない、ということだったりして。な〜んちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています