出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

業者間取引に関するJAS法改正は誰のため?

2008年02月29日
勿論農水省のためです。ミートホープの事件で隠蔽に動き、公になった際にも体裁を整えられず、失態に失態を重ねた苦渋。矛先が自省に向かってきた際に身をかわすための宝刀。

Q&Aを読めば、その難解さに唖然とする。縦割り行政を隠れ蓑にしている感を禁じえない。少なくとも中小零細にわかるように解説してはいない、つまりは理解できず守れない業者はいざの時には切り捨てるつもりでしょう。後は野となれ山となれ、か?

「相手に伝わらない」は民間の常識では「伝える側に非がある」と考えるのですが、お上の世界では逆に考えるらしい。

これで一層「意図せぬ」違反が増えますし、事業者さんの頭痛の種は私の飯の種でもありますので、農水省様様といったところか。何とも後味が悪い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています