出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

マスコミに今求めたい。「報道のための」食の安全基礎知識。

2008年02月21日
例えば、地元みやぎ生協関連。検査した結果、○○○○○が○○○ppm検出された、という類の報道。検出されたことが問題なのではない、検査する姿勢が賞賛されるべきこと。

消費者の立場ならいざ知らず、マスコミが自身の基礎知識の低さを認識せずに報道するのは、はっきり言って「罪」。一般に流通する食品のどれ程が検査されているのか、検査のコストは?検査に要する時間は?公的検査機関に問合せれば簡単に知りえること、検査というものが食関連企業にどれ程の負担を強いるものか、高頻度で検査することを世の中から求められれば中小企業は廃業以外に選択はないこと等、少し取材すればわかりそうなもの。

あな恐ろし哉。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています