出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品腐敗事故、回収の要・不要の分かれ目 −生菓子の事例−

2006年10月17日
福島県で起こった事故。概要次のようなもの。購入者から保健所に生菓子の一部が腐敗していたと指摘があり、管轄保健所から約3万個の回収命令が出された。

この事例について考えてみましょう。

購入者から保健所に品質異常通報があるのは珍しい事ではありません。今回回収命令が出されたのは、製造者が当該商品の衛生状況を説明できず、不良品が申し出た購入者の物だけなのか、他にも発生する可能性が大なのか、保健所として即断できなかったから、と推察されます。

恐らく製造者は製造当日の微生物検査を行っていないのだと思います。当該ロットの検査データを取っていて「そのデータで全回収までは必要ない」と購入者・保健所に示せれば、企業としての被害を小さく出来たのかもしれません。

企業が成長し、販売数量が伸びて来たなら、危機管理上自社で微生物検査する体制を考えるのが得策だと言えます。

*微生物検査・・・細菌・真菌の検査。一般的には一般生菌数と大腸菌群の検査が主。検査には2日間を要し、消費期限の短い商品では消費後に結果が出ることになる。毎日検査していると、衛生上のわずかな変化・異常を把握できるため、食品衛生法の基準を超えない範囲内に衛生面を修正・是正することが可能。微生物検査の実施頻度が高いほど、事故防止確率が上がる、と考えてよい。逆に、微生物検査頻度が低い場合は特別な例を除いて食品衛生法の基準をクリアしない製品の出現率が高くなるため、クレーム件数が多く発生するのは避けられない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています