出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「食品苦情・事故の詫び状」書き方の問合せが多い。

2008年01月27日
食品品質等の苦情に対する回答書・詫び状の書き方についての問合せが一番多い。その次に食品表示・賞味期限設定。

中小食品製造事業者にとって待った無しの切羽詰った今何とかしなければ、というのは苦情への詫び状・報告書ですので、圧倒的に多い。

提出が遅れれば遅れるほど本来回収を必要としないケースでも事が大きくなりますので、苦情→調査→報告書作成までの時間を極力短縮することは企業の存続を左右します。それで廃業に追い込まれた事例も公にならないだけで、実際にあります。

苦情への対応は個別個別ですが、中小零細の詫び状の事例を紹介していますの参考にしてもらええれば、と思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています