出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

一般消費者でも発見できる違反、専門的知識がないと発見できない違反。

2007年12月29日

食品の法令違反は二つに大別されます。一つは誰にでもわかる違反。もう一つは専門的知識があってはじめて見抜ける違反。

昨今の違反発覚・露見で大々的に報道されるのは、見抜くのに専門的知識を要する違反。ですから、農水省の担当者では見抜けない。

消費者は農水省担当者を専門家とみなしているようですので、「プロ中のプロでも見抜けない?そんな事をする企業は余程悪質な隠蔽をしていたんだわ、きっと。」そう思う方も多いのでは。

軽々しく「内部告発でもない限り見抜けない」等という前に民間実務もお勉強してもらいたいもの。知らない方が罪悪感が湧かなくていいのかも。知らぬが仏、その方がお気楽でいいのかも〜。

「加工食品事業者にとってJAS法習熟は不可欠」でもない状況を後押ししているのは農水省?
参った、参った。

ブラックヒュ〜モア〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています