出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者・事業者間の法令順守意識の埋めがたい溝。

2007年12月24日
消費者が「食品企業が法令を守るのは当然の義務」と考えるのはもっともな事。又守るべき法令を事業者が熟知しているはず、その前提に立つのももっともな事。

一方、食品製造・販売業界では食品衛生法・JAS法・景品表示法の認知度は低く、法令を知らなくとも厳しく咎められる事は稀でしたので、法令順守と言われても何の事かピンとこない事業者は多い。

そのような背景から、運悪く摘発された事業者だけが徹底的に非難されるのは公平性に欠けると思いますし、事例によっては気の毒にも思いました。

「法を知らない事業者が悪い」

この言は消費者のみ使う権利があり、行政にその資格はない。

厚労省の圧力の中、厳しい制約条件下で永年地道に啓蒙努力を続けてきた各保健所には一定の評価はしています。私が保健所職員だったとしても同じような対応が精一杯でしょう。過去には気骨を示して飛ばされた方もいらっしゃったのでは。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています