出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

中小食品企業の社長さんはオールマイティ。

2006年12月05日
私は宮城県仙台市を中心に食品品質保証コンサルタントをしていますが、常日頃から感嘆するのは社長さん方の働き振り。

社長業の他、製造・品質管理全てをご自分でおやりになっています。品質保証・品質管理を主務とする私にすると、品質管理一つとっても業務範囲は相応に広く、科学的専門知識も相当必要です。

また、ほぼ毎年施行される食関連法改正にも目を配り、例えば義務化の半年前から包装材の表示変更・切替案内等、細々としたことにも気を配らなければなりません。取り分け表示に厳格な量販店への対応には気を遣います。包装材の変更を機に値下げを迫られるのが常だからです。駆け引きがあります。

在庫消化を見計らった包装材の変更時期や商品規格書の作成提出のタイミング等、「お〜、そうか。」「さすがだな。」と
コンサルらしい仕事をすべく、専門的観点からアドバイス・代行を社長さんの負担が少ないタイミングで行っています。


今年は食品製造に限定したコンサル・代行をしていますが、年明けからは食関連企業とのコラボ・保険業界とのコラボにも力を入れていきたいと構想中です。他業界との連携・提携もまたおもしろそう。お互い刺激になるだろうと思います。包装業界・保険業界の食品企業へのコンサル営業には「なぜ、○○方面から他社との差別化を図らないのだろう?」と私が不可思議に思うということは、逆に他業界から観ると私にもそういう不可思議に思われる点があるでしょうから。




 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています