出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品リサイクル、含有添加物はリサイクルされない?

2006年12月01日
循環型社会は環境問題・資源の有効利用という観点からすばらしい考えだと思います。

賞味期限切れ等の食品を堆肥化し、農業に利用する、この考えも支持します。

一つ気になるのは、食品に含まれる食品添加物が作物に吸収され、知らずに結果として食品衛生法に違反してしまう、そういうことは起こらないのだろうか、ということです。

堆肥化する時に発生する発酵分解・熱分解等で食品添加物が分解される、或いは食品添加物は作物に吸収されないというなら良いのですが、事業化してから問題化した場合、その作物を使用した食品特に加工食品が食品衛生法に抵触し、回収命令が出た場合、大変です。

これらの検証がされているのか、なされていないならば徹底した分別収集がなされているのか、気になるというより、心配です。生化学の専門家が構想の段階でタッチしているとは思いますので、私の老婆心だと良いのですが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています