出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

緊急事態宣言の時短要請に飲食店が従う義務はないのでは?

2021年01月08日
自民党と立憲民主党の国会議員は「20時以降も4人以上で会食をする」と宣言しておきながら、飲食店には20時以降の営業自粛を要請し国民にも利用自粛を求めるというのは理不尽極まりないと思います。

「緊急事態期間中、我々国会議員は会食を一切致しません」と制約した上で、若者も含めた国民全員に与野党議員皆が頭を下げて協力を求める、それが当然の筋と思います。

このままでは国会議員は先生ではなく「どうしようもないゴロツキ」に思えてしまいます。

時短要請に従わない(従えない)飲食店に担当行政官が(泣く泣く)行政処分をした場合には、その行政機関には気の毒ですが、その行政機関の日頃の不当行為を告発して対抗する、というのも許されるのでは、と思います。「議員・上司と市民」或いは「議員・部下と市民」の板挟みになる行政官も気の毒です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています