出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

コロナ禍に思う。食品衛生責任者制度の形骸。

2020年12月31日
「飲食店でざるそばの盛り付けを素手で行なっている」ネットニュース映像を見て、コロナ禍においてこれでいいの?と思ってしまいます。
「素手で触れてから喫食までの時間が短時間であればノロウイルスをはじめとしたウイルス以外の食中毒リスクは低い」と行政側は苦渋の判断をして目をつぶってきていると思います。

しかし、新型コロナウイルスは致死性が高いですから小規模飲食業とはいえ食品衛生知識が無くても営業を許可するというのは行政側の責任問題になるのでは。

二次汚染する可能性の高い過程・工程を経て食を供給する事業者には例え事業規模が小さくてもこれまでのように「半日の講習会に出席すれば寝ていても食品衛生責任者証を交付する」というのでは先々行政側の責任問題になるのではと思います。

これは地方自治体がどうこう出来る次元の話ではなく厚労省が法改正案を作成する事案です。

食品衛生責任者証交付条件
現行制度「講習会受付で氏名を書き講習会終了時まで会場に居ること(但し、寝る時はイビキをかかないこと。あまり露骨ですと流石に注意されるかも。)」
私が希望する制度「行政官である食品衛生監視員なら100点〜85点取る難易度の試験問題(満点100点)で50点以上取ること。」

厚労省は不夜城とも言われていますので、心労過労は如何ばかりかと思います。10年後20年後にそのような改正に向かわれるといいなあと思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

飲食業の方が弁当・総菜の製造販売を始めようとする場合、食品表示については資材・食材仕入れ先に相談するとよいでしょう。

2020年12月11日
「飲食店営業」と「そうざい製造業」では食品衛生法上の営業許可が異なります。コロナ禍の緊急事態を保健所もある程度は考慮してくれるのではないか、と思います。

それでも...今までは不要であった食品表示の知識は必要になります。とはいっても「食品表示ラベル(アレルゲン表示含む)を作製し商品に貼付するという実務を自前で0から身に着ける」というのは現実的ではありません。

資材・食材の仕入れ先には食品表示の知識のある人が誰かしらいるものです。「その人に一時的に食品表示を作成してもらう」それが現実的であり早道だろうと思います。

アレルゲン表示に漏れがあり健康被害が出た場合、消費者に申し訳が立たないですし事業者側も刑事告発されるかもしれませんので、くれぐれもアレルゲン表示漏れがないようご注意ください。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

宮城県の大崎市長・富谷市長は「コロナ無症状でも入院できてしまう」ことを広く知らしめました。これは両市長の大失態です。

2020年12月09日
コロナ無症状者はホテル又は自宅で経過観察し医療への負担を軽減させるということがいわれている中、入院させてもらったことは悪しき前例を作ってしまいました。

両市長の周辺の方々が気を遣って入院できるように「特別な配慮」をしたのでしょうが、その配慮は是としても両市長は気持ちだけいただき頑なにご自身で固辞するべきでした。

両市長が作ってしまった悪しき前例により、コロナ陽性となった宮城県民が「大崎市長・富谷市長は無症状なのに直ぐ入院できたのに一般市民だから入院拒否するのですか!」と保健所職員はこの先糾弾されてしまうでしょう。とばっちりを受ける方々がお気の毒です。

両市長は公務の延長で感染しお気の毒でしたが、「無症状なら入院できない」はずなのに「無症状なのに入院できた」前例を県民に広く知らしめたことは大失態でした。

基礎疾患のある人は別儀医師が入院の是非を判断するということもあるでしょうから、公人として「実は伏せていましたが基礎疾患があり医師の判断で入院しました。決して特権入院ではありません。」と今からでも発表したほうが両市役所・県保健所への苦情を減らせるでしょう。とばっちりで苦情対応にあたる方々が気の毒です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

コロナ禍。私にとってGo to travel はGo to trip。

2020年12月09日
旅行・観光してくれる人あってこその業種・業界にとっては死活問題ですが...。
自宅介護している巳にとってはトリップ(ハイになる)でもしないと旅行はできません。後期高齢者と同居していない・自宅介護していないのであれば...国が旅行を奨励するのだからと免罪符を得た気分で私も旅行したかも。

「Go To トラベル」という名を考えた方々は激務に耐え睡眠時間も少なく脳内にエンドロフィンが分泌されている状態で仕事されているだろうと思いますが、それでも「Go To トリップ」としなかったことは流石です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています