出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

JA京都さん・(株)京山さんは白なのでしょうが、異なる検体を分析して何の意味があるのだろうか?

2017年03月05日

ダイヤモンド社が分析依頼した検体とJA京都が分析依頼した検体は保管書類上同一なのでしょうが検体として同一と言えるのかというとちょっと弱いと思いますので、JA京都側に必要な分析結果は「現在の技術では産地を特定するには至りませんでした」というもの、それ以外ないでしょう。

「米の分析に関して権威である一般財団法人日本穀物検定協会を以ってしても現在の技術では米の産地を特定することは出来なかった」とダイヤモンド社に反論する材料となる。逆に「産地が特定できた(日本産であった)」となれば産地特定の分析技術は相当程度確立しているというダイヤモンド社側の主張を追認することになり京山の主張に矛盾が生じる。

そうなれば「ダイヤモンド社vsJA京都」から「同位体研究所vs日本穀物検定協会」という構図に変わるのでは?

JA京都としては「中国産米」「国産米」「ブレンド米」を「A検体」「B検体」「C検体」と称して両分析機関に分析依頼をして比較検証するというのが妥当な線ではないかと思います、両分析機関には甚だ失礼な手法ですが。

 

ダイヤモンド社は別途穀物検定協会に「食味スコア」「鮮度判定」「未熟米」検査を依頼して結果を公表していますのでJA京都が同協会へ依頼した検体についてもその3項目検査結果を併記すれば同一検体である蓋然性・客観性は高まると思いますし消費者も得心しやすいのではと思います、今更ではあるかもしれませんが。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

手洗いと手袋着用の目的は違います。手洗いは消費者のためではなく他の従業員とその家族のため(感染予防)に行うもの。

2017年03月05日

手袋の正しい手順を踏んだ着用・使用の目的は消費者の健康と製品の品質保持です。

良し悪しではなく「実質・実効」としてはそうです。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食中毒予防は小規模食事業者にとって最優先ではありません。

2017年03月05日

少なくとも消費者も行政もそこまでは求めていません。飲食店従業員が手袋・マスクをしないことを消費者も行政も許容している、それもその一例です。

しかし病院給食・学校給食で使用される食材には一定の食品衛生管理が求められますので、食品衛生知識が不十分な小規模食事業者から仕入れ・納品する業者の方々は食品衛生行政に代わって小規模食事業者への指導の役割を実質負うことになります。

小規模食事業者が乾燥のりの裁断加工をしたということですから微生物由来の食中毒なら起こり難いでしょうがノロウイルスによる食中毒なら別に驚くほどのことではないと思いますし、尚更食品衛生関係者なら驚きはしないでしょう。

毎日新聞ニュース<のりからノロ>裁断業者、素手で作業 加熱後の工程に盲点http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000005-mai-soci

 

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「食品衛生法下では業者による過失致死・致傷の刑事責任は免責される」これが実情です。

2017年03月04日

一般に食中毒の原因を特定するのは難しいですがたとえ原因が特定されても業者が刑事責任を問われることはなく精々民事責任を問われるだけです。法律家の方々の見解は知りませんが実情はそうなっています。

納得の行かない消費者・家族が刑事責任を問えないのか弁護士に相談するような事例が増え厚労省が圧迫感を抱くようになれば何らかの変化が起こるかもしれませんが行政側の業務が増大するのは目に見えていますので行政側が自発的に法の運用を変えることはしないでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食事業者による事件・事故は悪意が無いケースであるほど恐ろしい。

2017年03月03日

ニュース・・・「悪いのはわたし。素手で作業していた」刻みのり製造元が告白http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00010003-houdouk-soci

 

食品衛生行政にとって小規模食事業者はアキレス腱。食品衛生管理が一定レベルに達しない小規模食事業者は数多ですからこのような事故・事件が公になる・原因が判明すること自体珍しい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています