出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品回収に厚労省は介入してください。安全面で問題ない回収品を生活困窮者へ。

2015年01月09日

厚労省は食品衛生と福祉の双方を所管する官庁。企業としては「安全性に問題ないが、バッシングを回避するために回収に踏み切る」しかないケースがあります。そういう食品は「無償提供ならば供食しても可」と各都道府県政令指定都市に課長通知を出していただきたい。

厚労省が通知を出してくれればフードバンクなどを通じて回収品を生活困窮しておられる方々へ渡す道が開ける。

マスコミがこれ幸い?とマクドナルド叩きするのも案外この道筋を切り開くためだったりして...マスコミが大人のイジメ的反社会的行動をとっているにはそういう深慮あるがゆえ、だったらして...。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食の問題について、マスコミによる報道と私の考えに大きな隔たりがある理由は...

2015年01月08日

私はお尻をトイレットペーパーで拭きますが、彼らは万札で拭くからなのでしょうか。

マスコミの方々は金持ちでしょうから「食べ物を回収しろよ!廃棄しろよ!金さえあれば食い物なんかいくらでも手に入るだろ?えっ?フードバンク?お前らどんだけ貧乏人なんだ(笑)」という感じなのでしょうか。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

新聞各社の基準は?謝罪文で済ませる場合と発行部数全紙回収する場合の判断基準は?社主・社長が謝罪する基準は?

2015年01月08日
一言「どんな場合も謝罪文掲載で済ませる。それの何が悪いんだ!因縁つけるつもりか!お前!誰に因縁つけてるかわかってんのか!」って一蹴されるのかな?
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

弁護士ドットコムニュースを読み、...煽って需要喚起のおつもりではないでしょうが。

2015年01月08日

マクドナルドはパンドラの箱を閉める役割をしたのに...マクドナルド自体というよりそれを遥かに超えて食業界全体のためにターニングポイントとなるパンドラの箱を閉める効果が期待された会見であったのに煽りパンドラの箱を悪意を以って又は無知を以って閉めることを許そうとしなかった下品なマスコミの事後記事こそ非難されるものです。

食業界事情をわかってないなあ〜...残念。イエロージャーナリズムに対抗するには新聞の誤植・誤字・誤用をあげつらい新聞社社長さんによる謝罪会見及び発行全部数回収という目には目をの虚しい対抗で報道関係者に目を覚ましてもらうしかないのだろうか...暗たん。

煽って法令順守とか企業統治とか危機管理とかもっともらしい話にもって行って需要喚起することを強く意識しての意図的なあおり記事ではないのでしょうが...ん〜〜ん、残念。

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マスコミの方々は誤字・誤用に対する読者・視聴者の寛容に感謝しておられるのだろうか?

2015年01月08日

小規模食事業者への「タカリ的」品質保証代行などで何とか食べている私としては、食業界の品質上のさざ波をデフォルメして大問題化してくれるイエロージャーナリズムに感謝しないのは失礼と思う人もいるかもしれませんが、「小規模」食事業者には関係のない話ですので扇動的マスコミに別に感謝したりはしていません。 

ところで、マスコミ殊に新聞各社が自社発行新聞を即日自主回収するような騒ぎが連日どころかたまにも起こらないのは読者が誤字・誤用を寛容するからでしょ? 

連日どこかの新聞社の社長が謝罪会見して発行全部数を回収するというようなニュースがでないのは「読者の寛容の賜物」だという自覚を持って頂きたい。その上で食の問題を取材されたならそれぞれに努力しているであろう食業者をこうも悪しざまに報道することは到底出来ないでしょう。 

食業界へのあまりの理不尽報道が続くようなら新聞の誤字・誤用に対しても寛容する風潮が損なわれ「自社新聞社の社長への謝罪会見要求が高まり又発行全部数自主回収も要求される」圧力が高まってもそれは身からでたサビと唾棄されてしまうのではないでしょうか?

 

這いつくばって辛うじて生きている可哀想〜なオンチャンのかすれた遠吠え、と憐れんで許してチョッ。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

沖縄県知事は中国を表敬訪問なされては如何でしょう?

2015年01月08日

日本から独立しアメリカと中国と交渉してどちらかに編入を考慮し自民党政権の冷遇に冷や水を浴びせる、というのはどうでしょう?

 

アメリカはともかく中国はもろ手を挙げて歓迎するでしょう。独立・編入は冗談ですが、ブラフでも交渉カードは多い方がいいでしょう。先ずは「沖縄県知事が中国を表敬訪問」したい意向を流布しては如何でしょう?自民党政権はアメリカの手前あたふたうろたえて知事との面会を拒絶するような「小」山の大将のまねは改めるのでは?


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産経新聞・読売新聞の記者の方々には「食材全数についてなぜ放射能検査をしないんだ!」と日本マクドナルドを糾弾してもらえないでしょうか?」

2015年01月08日

固形異物混入は個別事案である場合がありますが、モニタリング・サンプル検査では放射能汚染食材が検査をすり抜け商品に使われる可能性があるでしょう、一連の固形異物は消費者が気づく場合もありますが、放射能の場合は気づかず食べてしまうかもしれません。

日本マクドナルドの品質保証体制を糾弾するなら優先順位は「放射能全数検査をなぜしないんだ!」が先ではないの?固形異物混入で日本マクドナルドを叩くのは自社への非難・糾弾を避けるための戦略なのでは?

それとも...日本マクドナルドは福島県産食材使用を避けているのだろうか?そうだとしたらそれが気に入らないので読者による自社への反発を買わない食の別の安全問題で日本マクドナルドを叩くのだろうか?

...たぶんそういう悪意はないのでしょう、悪意を自覚するなら叩く手に幾分のためらいが生じるだろうと思いますので。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産経新聞に協力して日本国内の食業者を1社ずつ叩き潰して行こうかな?

2015年01月08日

人は生きている間は神にはなれないでしょうが悪魔にはなれるかもしれまん。

狙う食業者を廃業・倒産に追い込むには複数社同時口撃では潰すのは至難、個別撃破が適作。人としての心・良心を捨て去れば善良に努力する企業であろうと食企業であるなら叩き潰せるでしょう。

やろうと思えば己を捨てる覚悟があれば日本マクドナルドを叩き潰すことは出来るでしょう、問題は人としての良心を完全に捨て去り悪魔と化して責め立てられるか、です。

善良そうな人をいたぶり苦しむ姿を面白がる、...記者の方々が面白がっている・楽しんでいるようには見えないのですが、...食の品質保証の限界というもの(人は神ではない)を知らぬがゆえに責め立てることに良心の呵責を感じないだけ、なのかも?...だとすると、悪口記事を書く記者も食産業への造詣が深まるにつれ過去の暴言を反省するようになるかもしれない...すると...私はハシゴを外されたように孤立するかも。

現時点では産経新聞が急先鋒な感じですので、それに便乗して煽り、善良そうな人たちであればあるほどいたぶりましょうかね?新聞各社に電話して「日本マクドナルドを潰すには、・・・・・って問い詰めればいいんですよ!...?ん?えっ?報道という大義名分を利用して目的はマクドナルドを叩く又は新聞の売上を上げること、なんでしょ?えっ?違うの?他人の不幸は蜜の味、で購読者を増やすためでないのかや〜。」って焚き付けたら記者の方々も少しは正気を取り戻すかも。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ペヤングブランドのまるか食品・マクドナルドの対応はそれぞれの状況において妥当な線だと思います。

2015年01月08日

マクドナルドの対応は見事、食関係業界の品質保証関係者はマクドナルドに感謝の念を抱くようでないと一人前の品質保証担当者とはいえないでしょう。ただし、この場合の感謝は口外するべきものに非ず胸の奥にしまうものですが。

 

ペヤングブランドのまるか食品の対応も同社の事情を一連の対応から想像するに妥当だろうと推察。操業を続けていれば廃業・倒産が現実味を帯びたでしょうから一か八かでリセットを選択したのでしょう。単独資本での再開を目指すのはリスクが大きいと思いますが、ヘビーユーザーの熱い支持を後ろ盾に先々起こるかもしれない二の矢的問題も乗り切れるといいですね。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

弁護士ドットコムニュースへ今後の期待。

2015年01月08日

ペヤングブランドのまるか食品事例のように購入品の品質異常を消費者がTwitterのような媒体に掲載し拡散するケースは増えるでしょう。

 

そこで弁護士ドットコムニュースに期待することは消費者が購入品に異常があると「誤解」した場合には消費者に悪意が無くても不利益が生じる可能性があるのか無いのか解説・流布してほしいなあ〜、ということです。

 

加工・製造・販売側に間違いなく非がある場合にはネットにその写真などをさらしても消費者が刑事告発・民事訴訟される可能性は低いでしょうし、また無罪・勝訴するのではないかと思います、素人考えですが。

 

問題は消費者側に非があった・勘違いだった場合です。その場合には逮捕・損害賠償といった事態に至る可能性もあるのでは?

 

ネットにさらす場合の自己が被るかもしれない不利益について法の専門家の立場で消費者啓蒙に一躍かって頂けると大変有り難いと思う団体があるだろうと思います。例えば大手食品メーカー団体などは。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

報道各社が日々報道できるのは読者・視聴者が誤植・誤用に寛容だからだろうと思います。

2015年01月08日

多少の誤植・誤用を一々指摘したり訂正要求・発行紙回収要求をしないのはそれよりも情報全体の有用性を重んじるからではないでしょうか? 

マクドナルドの記者会見での報道各社の質問を変換して各社に問い直せば「なぜ誤植・誤用があった場合に社長が謝罪会見した上で発行紙を全部数回収しないのですか?言葉・文字を軽んじているのですか?」という質問が読者から発せられたら何と回答するのでしょう?

 それぞれの読者がある特定の分野においては記者よりも精通しているでしょう、厳格には誤植・誤用にあたることに気づく場合も少なくはないだろうと思います。 

多少の誤用・誤植があっても紙の新聞の存続を望むから寛容するのでは?そうでなければ日々発行全部数回収回収で紙の新聞は存続できない状況に追い込まれるだろうと思います。 

報道各社の記者の皆さんにはマクドナルド問題を自社に置き換えて一考頂ければ幸いに思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

新聞の誤字でたまに見かけるのが「食品加工」と「食品製造」の誤用。

2015年01月08日

それを当該新聞社に電話で指摘したら当該新聞社の社長さんが謝罪記者会見して全発行部数の回収を行うのだろうか? 

マクドナルドの記者会見で「職位の低い役員(失礼だよね)が会見し社長が謝罪会見しないのはなぜか?(問題を軽視しているからか?)」と質問された方がいらっしゃいましたので、素朴に新聞社の場合...誤字・脱字・印刷汚れがあった場合どういう判断基準で対応するのかな?と思いました。 

食品加工と食品製造の誤植程度で当該新聞社の社長さんが謝罪会見して全発行部数回収しろとは更々思っておりませんので、悪しからず。

主要新聞各社には私名刺渡しているんですが、それぞれ大新聞社なのでざっくばらんな質問は来ず。偽情報・嘘の解説をしてハメるかもしれませんから、私に接触しない方が無難ではあるかも...君子危うきに近寄らず、桑原桑原。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

新聞各社の新聞自主回収マニュアルとは?回収判断基準とは?社長謝罪会見の判断基準とは?

2015年01月08日

マクドナルドの記者会見で記者の方々から商品自主回収マニュアルへの質問や回収判断への質問が出ていましたが、...新聞各社では誤字脱字や印刷汚れの苦情が1件発生した場合に社長が謝罪会見して自主回収するとか過去に聞いたことがないような気がしますが、私が知らないだけなのかなあ〜。 

目を皿にして各紙の誤字脱字・印刷汚れを「探して」見つけた時には「社長さんが今日中に謝罪会見して自主回収するんですよね。そうするのが当然ですよね〜。」って嬉々として電話してみようかな?...冗談です、相済みません。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市選管の不祥事は震災後の過重過労のよるストレス・思考力低下が原因として休職処分としたら良いのでは?

2015年01月07日

被災地職員のストレス・疲労の調査でそれらが蓄積しているというデータがあったはず。仙台市は東日本大震災以後人口増減が激しかったはずですから選挙名簿などの関連実務は大変だったでしょう。準備期間も短かったですからその辺の事情・情状を鑑み刑事告発しても検察は不起訴にしてくれるでしょう、検察って血も涙もありますから。

 

外野にはわからない情状酌量の余地があるのでは?と思います。震災以後被災地行政官は住民から八つ当たりとか苛烈な扱いを受けたりしましたので、疲弊し続けた体と心に鞭打って頑張ってくれている職員であるならば相応・相当の温情で報いてあげることに異を唱える市民・国民はいないのではないでしょうか?

 

議員さん方がこの不祥事をあまり問題視すると、「あなた方議員は発災以後2週間、どこで何をしていたんだ!職員に負い目は無いのかい?」という怒り(私だけかもしれませんが)を呼び覚ますかも。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マクドナルドに非はあるとはいえ、マスコミまで煽られてのバッシングにオッチャン熱くなり...

2015年01月07日

びしばしツイート。ペヤングのまるか食品が生産停止していなければ荒探しの目はマクドナルドではなく同社に集まったのかもしれません。気の毒ですが、同社の生産停止決断はオーバーリアクションではなかったと思います、苦渋でしょうが。

 

マクドナルドの事例に鑑みれば、...同社の存続というより従業員雇用を守る社会性を重んじたオーナー経営者の英断的選択も考慮されては?と思います。私は預言者ではありませんがマクドナルドの事例に鑑み同社単独としての操業再開では先のリスクが大き過ぎるように思います。無責任な老婆心にて相済みません。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています