出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者庁による景品表示法の「実質的」改悪。...健康危害が出ても消費者の不勉強による自己責任となるでしょう。

2014年08月07日

食品の機能性表示が緩和されますので。プラシーボ効果で「信じる者は救われる」ならまだしも、愛用し急性症状がでるようなことになっては目も当てられません。

 

過度の性善説期待に応える奇特な企業もあるかもしれませんが、百害あっても一利あるを探してその一利のみを喧伝することを「実質」可とする改正。水は低きに流れてしまうもの。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています