出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

日本マクドナルドの意図的論点すり替えによる自社ダメージ軽減策はちょっと利己的過ぎる気がしますが、それだけ必死なのでしょう。

2014年07月26日

「中国産からタイ産に変更します」というのは失礼ながら意図的な論点すり替えと思います。

 

中国への不信は今回の場合あくまで二義的問題、一義的にはアメリカ食品大手OSIグループによる企業統治不備が問題。OSIグループ(中国国内企業に限らず)からの仕入れは全て一旦停止しマクドナルド品質保証グループが立ち入りし適正管理されてきたことを確認できた工場・会社から順次仕入れ再開するというのが妥当な流れです。

 

マクドナルドは本筋を選択できない事業環境なので、苦肉の策を選択したのだろうと思います。但し、マクドナルドが問題のすり替えをしてしまったことで日本人が常駐して日本式に管理している中国国内合弁会社のイメージまで毀損してしまったのではないか?と思います。

 

結果として、日本マクドナルド固有の問題を中国産全体の問題にすり替えることで自社ダメージは軽減できたとしても他社へのダメージを誘発することになるでしょう。非常に残念な対応です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示基準案(パブコメ案)修正必至?...マクドナルド・ファミリーマート事案の余波で。

2014年07月25日

来年6月以降に今回のマクドナルド・ファミリーマートで顕在化したのと類似のことが顕在化した場合、消費者による非難の矛先は消費者庁へ向かうでしょう、気の毒ですが。

 

ネットへの書き込みでは、問題視されたチキンナゲットが中国産だと知っていたなら買わなかったという声あり。恥ずかしながら私も中国産ではなくタイ産だろうと勝手に思っていました。

 

現法では産地についての表示義務はありませんが、今回の事案が発生した後においても産地表示義務化を見送れば...類似の問題が顕在化した場合には消費者による非難の矛先の相当程度は消費者庁へと向かうでしょう。

 

食業界の負担は増大しますがタイミング的に致し方ないのでは?と思います。消費者庁がその時はその時「消費者からの非難は甘受する」というなら食業界にとってこれ程有り難いことではあるでしょうが。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

日本マクドナルドの動静に興味津々。

2014年07月25日
現時点までの対応は異例中の異例という印象。自社顧客層も踏まえての対応なのだろうとは思いますが、特異な事業環境を加味しても異例づくめな感想を持ちます。今後の同社の対応とその結果に職業人として大きな関心を抱きます。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

日本マクドナルドはアメリカ大手食品企業OSIグループ系列からの仕入れを一時全面停止するのが妥当ですが...

2014年07月24日

いろいろ事情があってそうは出来ないかもしれませんが、今回のような事案が発生してしまった場合は本来そうするのが基本ではあります。苦しいところ、なんでしょうね。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ファミリーマートに代わって伊藤忠商事が返金対応にあたる、のはお止めになった方がいいと私は思います。

2014年07月24日

伊藤忠商事が輸入し実質子会社のファミリーマートが消費者に販売したという流れでも消費者対応はファミリーマートが前面に出て伊藤忠商事は後方支援するのが私は妥当だと思います。

 

伊藤忠商事が消費者対応にかむとなると伊藤忠商事の社長さんも当事者として消費者向けに謝罪会見することが求められてしまうかもしれませんし、事が大きくなってしまう・尾を引いてしまうリスクが発生してしまわないか外野として老婆心。

 

私の脳みそからの発想ですので、老婆心に過ぎないと思いますが、個人情報管理の観点からも複雑化してしまらないかな〜と思ってしまいます。いやはや食関係の「風」は昨今読むのが難しくて大変ですたい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「上海福喜食品」のアメリカ親会社卸売り大手「OSI」グループから仕入れていた大手食品製造企業があったとしたら...その社はテンヤワンヤなのでは?

2014年07月24日

マクドナルド・ファミリーマートの商品は消費者へ販売した当日が消費期限の商品だったということと両者の業態との絡みで双方の社長の進退問題にはならない様相。

 

アメリカの親会社が仮にファンド的であったとしても上海福喜食品の一工場だけの問題で他のグループ会社・工場は適正に製造・加工しているという論は信ぴょう性に乏しいのでは?

 

日本の消費者が高いレベルの安全安心を求める大手食品製造業界で同グループから仕入れがあった日本企業は水面下で緊急の監査に動いていることでしょう。

 

仕入れていた企業があるのかあったのかを私は存じませんが、ある・あったなら担当者の過労・心労に労務担当の方々にはご配慮をお願いしたい、そう思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マクドナルド・ファミリーマートの経営トップの方の...扱い食品に対する商社的・非当事者的意識が気になります。

2014年07月24日

ネット通販のモールとは異なりますので、販売者を信頼して購入する人もいるでしょう。そういう意味では販売者責任をもう少し意識された方がよいのでは?と思いました。

 

仕入れ先が問題を起こしたら別の仕入先を探せばいいだけのこと的思考は、...業者相手の商社的思考。個人消費者相手の食品会社的思考ではない感じ。ちょっと残念。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ファミリーマート社長さんのコメントにちょっと違和感。

2014年07月23日

「チェック体制を厳しくしても抜け落ちる。相手との信頼関係だ。」と仰ったそうですが、...確かに「正直」な発言ですが、...現代的販売者責任という意識が少し希薄な印象を受けてしまう残念なコメント。

 

再発防止も他人任せ・取引先任せになるのかな〜と穿ってしまいますし、同日新店オープンに出席されて笑顔の場面も同ニュースで報じられる場面が被っては...今回の問題を重大視していないのかな〜と、そんなことは勿論ないのでしょうが、ちょっと残念な感じでした。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マクドナルドに続きファミリーマートでも深夜11時にHPにお知らせが掲示されました。気の毒。

2014年07月23日
関係者の皆さんの心痛如何ばかりか、...気の毒に思います。政府・厚労省の方々には上から目線での「第三者的」対応はお控え頂ければ幸い。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁に意見書出す気力減退。

2014年07月22日

「佐伯さん、この(弁当の)表示どうなの(正しい)?」と買った弁当の表示正誤を訊かれ、...しばし沈黙。「一所懸命さが読み取れます、悪意があるならこういう間違い方はしないでしょう。」と応えるのがやっと。

 

規模の小さい食事業者が複雑多岐に亘る食関連法を熟知するのは至難。消費者庁の食品表示基準案では年商1000万円に満たない食事業者には法規制緩和する意向ですが、1億円を超す事業者でもハードルは高いですので...。黙考。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

日本マクドナルドは約20年前に日本国内へHACCPを導入した草分け的存在。がんばってね。

2014年07月22日
私がHACCPによる食品工場の品質保証・品質管理に携わらせて頂いたのは日本マクドナルドのPBが最初でした。地方自治体の食品衛生関係者もまだHACCPの実際的運用を知らない時代でした。当時マクドナルドから頂いた英文資料を読んで試行錯誤しながらHACCPを導入しました、若い時の遠い昔の話ですが、そういう意味ではマクドナルドに職業人として感謝しています。...PBは短期で終了したオチが付いてますけど。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁のパブコメ「食品表示基準(案)についての意見募集」に応じよっと。

2014年07月15日

来週・再来週に食品表示基準案(パブコメ案)を読み直して意見送信しよっと。

 

私のテリトリーは主に従業員数60人未満の規模の小さな食品事業者で、食品に関する法令順守は「実質」自主性に任されていますので、法改正がされようがされまいが、また改正点がどうであろうが、営業上影響を受ける企業比率は低いです。

 

営業上影響・支障を受けるか否かは、法の内容云々ではなく行政による啓蒙・指導・取締といった一連の運用如何ですので、これまでのように法が厳格化したならその分運用・執行を軽減してバランスをとることになります。必ずそうなります。

 

と、いうことで...ならば気を入れて意見具申する必要性が私には無いといえば無いのですが...。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品の商品仕様書作成で職能を維持。

2014年07月15日

いろいろな食品のいろいろな書式の商品仕様書・規格書・カルテを作成することによって食の安全安心の世相を肌で感じ取ることが出来ますので、職能を維持するのに役立ちます。

 

どれっ、明日も頑張ろっと。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示基準案(パブコメ案)に係る説明会(宮城会場)終了後、説明者・進行者お二方に先ずはお詫びしました。

2014年07月11日

時間に限りがある中、一人で複数質問してしまいましたので。...おんちゃん年取る毎に理解力・慎みが減退してますもので...。

 

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

またまた...となりのトトロ、「完」賞。

2014年07月11日
テレビのチャンネルを変えたら金曜ロードショーで「となりのトトロ」を放送しており、...ついつい、終わりまで観賞。世の中、私のようなおっさん、結構多かったりして。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁の食品表示基準案(340ページ)を読み始めました。

2014年07月08日
まだ、2ページ目。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

返信用メールアドレス打ち間違えたのかも...ま〜いっか。

2014年07月06日

消費者庁の新食品表示基準案説明会に速攻で申し込みましたが、参加可のメール返信無し。たぶん、...私が返信アドレス入力間違ったのでしょう...私はおっちょこちょいですから、...残念な気もします。

 

もともと小規模食事業者相手の私にとっては法が改正されようと行政側による「指導」・「運用」に大した変化は起こりませんので、指導・運用を強化すれば困るのは実際は小規模事業者側でなく行政側ですので、行政側が運用を実質見送るのは自明。

 

小規模食事業経営者の方でも興味を示すことがありますので、「一応」法改正点は概略知っておこうかなくらいな関心しか私にはありません。実務上知る必要ありというよりは教養として知っておこうかな的感じです、残念無念。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業と小規模食品企業の環境差異。「大手なら倒産を覚悟する事案」でも「小規模ならゴメンナサイで済む事案」である場合多し。

2014年07月03日

一般論ですが、事業環境はそれほどの差異、があります。昨今行政側もその実情を相当程度知ってきたとは思いますが、同じ行政機関でも実務経験の長短で温度差あり。

 

悪質な犯罪行為に走る事業者は論外として、善良な小規模食品事業者の商品であれば多くの場合消費者に実害は起こりませんが、問題は...善良な小規模食品事業者でも意図せず悪意なく実害が発生する懸念のある商品・供食があるということを知らない消費者がいるということです。

 

悲劇的結果を回避するためには産業保護の足かせのある政府・行政の言うことをうのみにせず。消費者側にも残念ながら一定の主体性は必要だと思います。消費者庁の職員も相当実情は知っておられるでしょうが、政官業の複雑怪奇な利害・柵が絡み合って出来ることは限られます。消費者庁に望むことがあるならば職員が不利益を被らないように強力に支援しなければならないでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ローソンは加盟店の客対応平準化に本腰を入れないのだろうか?入れられないのだろうか?

2014年07月02日

商品陳列・管理に平準化上の不快感は感じませんが、レジでの客対応は店により巧拙に差を感じます。他のコンビニチェーンでは意識することのない「店による巧拙の差」に来店者として落ち着かない気持ちになってしまいます。

 

どの店の店員の方々も穏やかでいい人そうなのに「もたつき」を感じてしまうことが他コンビニチェーンに比べて多いと感じてしまう原因は...失礼ながらローソン本部からのアドバイス或いは契約に改善の余地があるからなのでは?と素人目線ですが思ってしまいます。

 

来店者である私がイライラというよりハラハラするのですから、ドタバタしている店員の方々は相当ストレスが蓄積するのでは?とちょっと心配。加盟店は別会社だとしても知名度の高いローソンのイメージが労働上の話題で毀損することがないよう一層のご高配を願います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示法における製造所固有記号制度抜本改正は判例が出てからになるのかも?

2014年07月02日

現状、消費者が製造所固有記号制度の趣旨と運用実情の両方を知らないだろうと思います。両方を知った上で購入判断をしているなら製造所固有記号制度と景品表示法に整合性はあると裁判官は判断するかもしれませんが、そうでない実情を裁判官が把握した上で決すれば製造所固有記号制度の運用範囲は「自社複数工場で同じ品を製造する場合に限定」されるかもしれません。

 

私は法律家ではありません。私は小規模食品事業者向け品質保証代行・コンサルタントに過ぎません。這いつくばって生きてきた者としては、...消費者が弁護士の手を借りて民事訴訟を起こした場合に広く実情を示す資料を提示すれば裁判官はさぞ驚くことだろうと思います。

 

法律家でない私が言うのはおこがましいとは思います。思いますが、口の端が痒いもので...ご勘弁ください。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

NHKのハートネットTV。この番組をみるために私は受信料を払っています。

2014年07月01日

大河ドラマ「軍師官兵衛」や地方ニュースも観ていますが、それらは無いなら無いで別に構わないのですが、ハートネットTVが続く限り自分がみる・みないにかかわらず受信料を払う価値がある、そういう社会的価値の高い番組、だと私は思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています