出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

詰合せ商品(アソート商品)の規格書作成代行ですり減り中...、な〜んて贅沢言ってるとバチがあたるかも。

2014年05月30日

いろいろな企画物の詰合せ商品の商品仕様書・商品カルテを作成中で、やっとこ2本作成「ほぼ」終わり。納品先各社各様の書式・システムですので、ロートルには益々厳しいデスクワークになってきました〜〜。

 

品質保証代行といっても、経験の浅い品質保証職の方に指導・助力するとか違反事案の穏当な処理や告発への穏当な対処といった自己満足度の高い仕事はあまり回って来ず、「あのおじさん、何パソコンとにらめっこしてるの?」的地味な仕事多し。

 

単発の微生物検査依頼や商品カルテ作成依頼は作業効率が悪く足がでるものでお断りしています、悪しからず...なんちゃって。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

商品カルテ保存できなかった件、解決。助かりました〜。

2014年05月29日
ファイル保存の際にファイル名の後ろに「.xls」と拡張子を打ち込むのだそうで...なるほど。助かりました〜。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業から小規模食品企業に転職する方へ。

2014年05月29日

自著「食品に関する法律と実務がわかる本」を斜め読みしてください、キッと笑えます。近場の図書館に置いてあるだろうと思います、大から小へ転職を考えている段階なら買って読む必要はないですので、図書館で斜め読みしてみてください。

 

実際に大から小へ転職した・してしまった方は最早笑って読む余裕はないでしょう、精神安定剤として寄り添う本となるでしょう。冷笑して読めるようであれば精神安定剤は必要ないということだと思います、冷笑されるのは慣れているとはいえ私結構凹むのですが、...ご本人・ご家族のことを思えばそれは幸いと思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業の品質保証職から小規模食品企業へ転職した人へのアドバイス。

2014年05月29日

真面目に仕事してきた方であればあるほど、小規模食品企業へ転職した当初は「さっぱり仕事の出来ない役立たず」「トラブルメーカー」と白眼視されて辛い思いをなさるでしょう。

 

減点主義から加点主義に頭が切り替わるには相応の苦悩を伴うでしょう。残念ながら減点主義から加点主義に思考回路が切り替わる(切り替えるではなく切り替わるです)には年単位の時間経過を要するだろう、と思います。

 

加点主義に切り替われば小規模食品業界で生きていけますが、それなりの取引先からは上から目線で軽蔑されることに慣れなければこれまたツライ、でしょう。

 

精神のバランスを保つには世の実情を知り気を楽にするのも一つの手かもしれません。買い物がてらに立ち寄る近場のいろいろな販売店で惣菜・聞いたことの無いメーカー(小規模企業である場合多し)商品を手に取り食品関連法視点で視ればキッと気持ちが楽になるでしょう。

 

大手食品製造業界では絶対的思考・規範ですが、小規模食品製造業界では相対的思考・規範でないと存在出来ませんし生きていけません。

 

コペルニクス的転換が出来ませんと苦悶深しでしょうが、折角ですからプラス思考で人生二度美味しいと吹っ切って楽しんでいただければ幸い、です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法順守状況の定点観測。大分緩んできている状況。

2014年05月28日

小規模食品業界では表示が大体合っていれば問題視されることはありませんし複合的な順守は出来ませんので、法がどう改正されようと行政・消費者も明らかな悪意を感じない限り寛容です。

 

食品関連法の実際の運用とは良くも悪くもそれが長きに亘る実情ですし、先々までそれは変わりません。

 

あまり真面目に考えると頭痛が酷くなるもので、世の中そんなもの、と諦めてまた何がしか顕在化してブームが来るまでウトウト鼻提灯。

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

商品カルテの保存が無効?...でデータ消失。泣けます。

2014年05月28日
セキュリティ設定の不整合か、ファイル形式の問題か、ソフトの問題か...明日コンピュータに明るい人に聴いてみよっと。頭が痛い。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

頼まれた商品カルテ・商品仕様書の作成に疲れ、...ちょっと日延べ。

2014年05月27日
ヘヘヘッ、ちょっと待ってくんろ。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市農業園芸センターのバラ園の様子(2014年5月27日現在)です。

2014年05月27日

見頃、です。

 201405271553292713.jpg201405271554052494.jpg201405271554362762.jpg201405271555122468.jpg201405271556202649.jpg201405271557352644.jpg201405271558242810.jpg


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

木枯し紋次郎、昨日再放送のセリフ。

2014年05月27日

「思い出しはしやせんが、忘れもしやせん。」...含蓄のあるセリフ、でした。

 

40年前にザル被って風呂敷まとって「あっしにはかかわりのね〜ことで御座んす。」ってな真似事をしていた時分にはたぶん聞き流してしまったセリフ、だったろうな〜〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農水省Gメンは全国に2000人前後いると聞いてますが、フィールドワークはあまりしていないのでは?

2014年05月26日

実務能力は研修等で研さんされておられると思いますが、市井で生きてきた者としてはその実績に失礼ながら大いに不満を抱いています。

 

JAS法順守・指導の網を意図的に緩めているとは昨今は思ってはいませんが、専門であるはずのJAS法運用監視・指導でさえままならない現状で更に他の食品関連法の運用監視まで負うのは効率的行政の観点では理ですが、実効が伴うのだろうか?と甚だ疑問。

 

蓋をして圧が上昇し適当なタイミングでガス抜きする又は起こるということが先々まで続くのだろうか?

 

現状景表法上際どいCMを放送している大手企業も見受けられます、世の景表法運用現状は妖かしの世界ですから、大手といえども対抗上綱渡りするのでしょう。新たな機能性表示が導入されることを大手企業は切望するのかもしれませんが、導入後は残念ながら大手企業が望む?公平・公正は一層遠のくでしょう。

 

「新たな機能性表示制度=行政による監視・指導の手が入らない・回らない制度」は明らかでしょうから、世の水面下での違反が結果として増大してしまうのでしょう、悪意のある違反と悪意のない知識不足による違反が。

 

我小人嘆息す。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近の依頼は商品カルテ・商品規格書の作成。

2014年05月26日

取引先各社各様の書式ですので、手間が掛かりますが、取引して頂くためには必要な書類。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

BSで時代劇再放送を観るのが楽しみ。

2014年05月26日
木枯し紋次郎の長楊枝...懐かしい。♪ど〜〜こかで〜〜〜だ〜〜れかが〜〜、・・・♪郷愁。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、今日は泣き所満載でした。

2014年05月25日
竹中半兵衛命懸けの嘘。流石半兵衛の巻、話の筋を知ってはいても涙目で拝観。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

浜岡原発事故時の避難計画に思う、...緊急時に行政・警察の指示に「盲目的に従えば」命危うし。

2014年05月25日

東日本大震災発災後、私はどれ程後悔したことか。私は愚かでした。

 

為政側は人の命より秩序を重んじます、身体的弱者であるほど命の危険に晒されます。私は身を以ってそれを学びました。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

田村厚労相の行為は一種のパワハラだと私は思います。

2014年05月25日

ミスした職員個人に配慮したおつもりでしょうが、短絡的。

 

参院本会議に厚労省が提出した地域医療・介護確保法案の趣旨説明資料に誤記があった件で本省職員全員を集めて訓示したそうですが、...やり過ぎ。

 

一見穏当であるようでも、...。政治家である以上政治的パフォーマンスは必要でしょうが、パワハラを所管する官庁の大臣として一層慎重な配慮をお願いしたい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

共産党の国会・県・市町村議員の「先生」方は本日2014年5月23日の朝日新聞朝刊17面をご覧にならない方がよろしいでしょう。

2014年05月23日

記事「ある派遣社員の体験」。登場する「大手生協」とはどの生協なのか、共産党議員ならピンとくるでしょう。こういう現状では志位委員長が非正規労働問題に尻込みするのも当然でしょう。共産党という党名は返上してブルジョア党に変えた方が実態に合うのでは?

 

党の足元でそんなことをしているようでは共産党が非正規労働問題に腰が引けているのも納得。共産党の現代的存在意義って何?


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

池上正樹さん(ジャーナリスト)の『「引きこもり」するオトナたち』は毎回しんみりしながら拝読しております。

2014年05月22日

ダイヤモンドオンラインの今日の記事(http://diamond.jp/articles/-/53380)を拝読し、しんみり。まじめでかつ誰にでも優しい人はなかなか報われないもの。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

原発立地県と製造所固有記号。記号使用は風評被害回避策として使えますが、...

2014年05月22日

原発で何らかの事故が起こった際には消費者視点では当然「消費者をだます意図」「製造地ロンダリング」と思われてしまうかも。

 

勿論、製造所固有記号制度の建前と運用実情の差異を消費者は勿論のこと所管行政機関さえも知りません(知らない方が幸せ)ので、製造所固有記号制度はある種の景品表示法違反を合法化するロンダリング制度となっています。

 

縦割り行政の弊害を消費者庁が穏当に是正して行かれることでしょう。

 

全国に複数工場を有し包装資材の共有化(ゴミ削減効果大)として製造所固有記号制度をその趣旨に沿い清く運用している企業の方々には甚だ心外な話で、...恐縮です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私企業である中小食品企業の事業継承・改革には先代経営者への敬意・配慮が最重要だと私は思っています。

2014年05月21日

長く働いてきた古株の従業員の方々に配慮するということも先代経営者に敬意を払っていることに通じます。「顔を潰さない」これは最重要です。御家騒動は外部から介入される・つけ入れられる隙を与える口実、となります。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

老舗暖簾の現代的継承の大いなる参考として赤福の動静に注目。

2014年05月21日

食品製造業とはいえ老舗には長く守ってきたしきたりや製法があったりしますので、短絡的・機械的・科学的に現代的品質保証手法を当てはめるのははばかられる場合があります。

 

とはいえ、消費者・各所管行政機関が求める「現代的」食の安全安心にも応えませんと存続を許されない事態も危惧されます。

 

老舗の場合、その辺を穏当に調和させる必要があったりします。老舗ならではの悩み、です。老舗中の老舗であれば尚の事、でしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市農業園芸センターのバラが咲いています(2014年5月20日現在)。

2014年05月20日

観た感じバラ園全体の1〜2割の株で花が咲いています。散策中、そこかしこでバラの香りがしました。センター関係者の方々にお礼申し上げます。 

201405201421303646.jpg201405201422083569.jpg201405201422533671.jpg201405201423253784.jpg201405201424123646.jpg201405201424593629.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

東日本大震災発災の4日後に福島第一原発所員の9割が勝手に退避していたとは...

2014年05月20日

朝日新聞によると「東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏(所長)の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。」とのこと。

 

3年間、この事を知る関係者の誰一人として告発しなかったとは...それ自体にも驚愕。

 


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

復興支援用に自著「食品に関する法律と実務がわかる本」20冊購入。

2014年05月18日

仙台市中野栄の「ブックスなにわ」で取り寄せてもらい購入。

 

「食品に関する法律と品質保証実務に疎い」事業者の方々に読んでもらえるとはこれまでの経験から期待はしませんが、手元に置いてあれば一朝事が起こった時に所管行政のあたりが少しは和らぐかもしれませんので、「おまじない」にお渡しするだけのことです。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

斉藤由貴さんの「悲しみよこんにちは」を聴きながら余計なお世話でない復興支援を思案。

2014年05月17日

ながら族、なかなか好い案浮かばず。ま〜、ゆるりと考えます。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品業界における食の安全安心へ向ける消費者の目線は減点主義ですが、

2014年05月14日

小規模食品業界における食の安全安心へ向ける消費者の目線は加点主義です。

 

満点が100点な場合。小規模食品業界では40点が合格ライン。大手食品業界では99点では落第で常に100点以上でなければ非難・糾弾されます、時に100点でも落第と糾弾される理不尽に晒されます、何とも気の毒なことです。

 

大手食品業界から小規模食品業界に生きる場を変えるには減点主義思考から加点主義思考へのコペルニクス的転換が必要です。過去を捨てる苦しみが伴います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

気温が上昇するこれからの季節、食品の腐敗(微生物増殖)に留意しましょう。

2014年05月14日

乳酸菌・酵母・カビ。これらを主因とする腐敗事故が増えますので、食品包装前の加熱・冷却・二次汚染に注意しましょう。

 

意外に包装前冷却の重要性を知らない人も多いです、包装後冷却も勿論肝要ですが、小規模食品事業者の場合夏場は「包装前」冷却の視点が欠落した事故が増えますのでご留意を。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者でも食品関連法を全守できると思う食品関連法所管行政官がいたとすれば、

2014年05月14日
その人はフィールドワークをしたことがない人なのでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁をはじめ食品関連法所管行政機関のアキレス腱は小規模食品事業者です。

2014年05月14日

食品関連法順守に必要な知識を身につけるには膨大な努力と教育費が必要ですが、それだけの労を払っても報われません。

 

小規模食品事業者には網がかかりませんので、労をかけた分だけ不正競争下では競争力を失う可能性が高い。

 

不公平ですが、それが現実、です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

従業員数30人未満の食品加工・製造企業に食品関連法順守を求めるのは酷、ですし、

2014年05月14日

消費者も所管行政も寛容ですので何らかの違反が常態化していても通常は営業上支障を生じることはありません。

 

小規模食品業界の経営環境として食品関連法順守は必須ではありませんので、経営者が違反の事実に気づかず違反が常態化している、それが普通です。

 

販路を広げる際に商品規格書の不備を食品関連法に精通した卸業者・量販店から指摘され違反を修正する、という経験を積むことによって徐々に食品関連法順守実務は身につくものです。

 

 

 

健康食品における景品表示法のように実質的無法状況下では厳なる法令順守志向の企業は不正競争下に晒されます。表示について実質的規制緩和を消費者庁が検討しているそうで、良貨には誠に気の毒ですが、これ幸いと実質的にはロンダリング制度と化すでしょう。

 

企業から大学の研究室への寄付が増えるでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

公益通報事案への対応、一応終了。

2014年05月05日

実務者レベルでの対応を相談された経験は私もそう多くはありませんし、その時々の時勢やその会社個々の事業環境も考慮した上で慎重に対応しなければなりませんので、鷹揚に構えているようで...結構気を遣いました。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています