出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

七十七銀行女川支店津波訴訟。次は「スタッフ一人を帰宅させた」ことが争点となるのでしょう。

2014年02月26日
亡くなられた支店長さんが支店外の高台へ避難する途中で行員が津波被災することを危惧なさったのであったなら、スタッフの方に帰宅を許可したことと矛盾するのではないでしょうか?

スタッフの方への安全配慮義務は無い、スタッフの方が自己判断で津波被災してもそれは関知しないということだったのでしょうか?それは違うのでは?

津波襲来がなかった場合、防災マニュアルで規定していた支店屋上に「留まる」のでなければ本店から「過剰避難」「支店を放棄した」と非難・責を受けることを危惧なさったのではないだろうか?

想像の範ちゅうですが、「蓋然性」は追えるのではないでしょうか。

仙台地裁裁判長もサラリーマンですが、個々の企業文化とは外の人間にはなかなか理解に苦しむところがあるものです。私の考えは想像でしかありませんが、いろいろな企業を観てきた経験から以上のように思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店津波訴訟の盲点。

2014年02月26日
亡くなられた支店長が支店屋上への避難を指示した際、支店長の頭の中をどういう想定が駆け巡ったのか。ご本人から直接伺うことは出来ません。

しかし、七十七銀行の行員の方々ならおよその想像はつくのでは?

防災マニュアルで支店屋上も避難場所を規定していながら銀行を離れ更なる高台に避難すれば...万一津波が襲来しなかった場合、過剰な避難行動を採ったとして支店長の責を本店が問うような体質はなかったか?

そういうことが支店長の頭を少しでも過ぎったなら、支店屋上と高台を天秤にかけて支店屋上選択判断へと影響を与えたかもしれません。

仙台地裁の判決は暗に支店長の結果責任に矮小化した判決であり、企業が従業員の命を守る「義務」を負わないなら上司の指示に従う必要なく「てんでんこ」に逃げる「権利」を従業員各人に与える判決であり、...裁判長の意図とは異なった方向へ判例が暴走するかもしれません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店訴訟。苦渋の末に訴訟を起こした遺族の方々の思い、私の心を揺さぶりました。

2014年02月25日
訴訟を取り下げるに足る真摯な態度を銀行側が示せなかったこと、それが全て。

棄却されたことで企業統治のタガ=上司指示の法的拘束力、は緩むでしょう。ですから、いずれ本件とは別の裁判で本判例を打ち消す判例が「国の都合」「財界の都合」で出されることでしょう。

訴訟を起こしたこと自体に社会的意義があり、その想いに私は敬意を抱きます。この判例如何にかかわらず、この提訴自体がきっとこの先人命を救うでしょう。もはや企業側が「想定外」「予想外」という言葉を使い難くなりますので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店津波訴訟の判決を逆手にとった労使交渉が起こるのでしょう。

2014年02月25日
七十七銀行に限った話ではありません、地震・火事が起こった場合に上司の指示に従わず勝手に避難・帰宅した場合にその従業員に何らかの処分を会社が行おうとした場合、本判決を盾に会社側と争う訴訟が今後想定されます。この判例はそのお墨付きとなるかもしれません。ご遺族の方々が起こした訴訟はその判決如何にかかわらず意義は大きい。

本判例を逆手にとった裁判が多くなれば、逆の判例が出てくることでしょう。控訴なさらなかったとしても、その芽は撒かれました。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店津波訴訟。仙台地裁の判決は「企業への忠誠心を国が奪う判決」、でした。

2014年02月25日

国が人を守る意思を放棄したなら、個人個人が自己防衛するしかない。過剰に防衛・防御に走る人・自己防衛意識が暴走して他者を顧みない人を無為に誘発するだろうことを危惧します。

別儀ですが、アクリフーズ事件は容疑者個人の資質ではなく国が誘発した事件ではないか、と疑念を抱きます。

企業内統治を根底から覆す・崩壊させる判決、私はそう思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「七十七銀行女川支店津波訴訟判決」仙台地裁、請求を棄却、だそうです。

2014年02月25日
流石仙台地裁、民に冷たい。但し、この判決が物言えぬ立場の人々を先々無為に死に至らしめるお墨付きとなったと後に非難されるでしょう。仙台地裁は権力に弱いのか、おもねる傾向強し。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店訴訟。銀行側が勝った場合、企業にとって大変なことになるでしょう。

2014年02月25日

警報が発令された場合は企業・上司の指示に従う必要無し・個人の判断で避難してよしと国が認めることになる。そうなれば、企業内統制は崩壊しますし、上司の指示を無視しても法的措置(解雇)をとれなくなるでしょう。

銀行側が勝った場合には、銀行側が負けた時よりもその社会的影響は大きい。七十七銀行は訴訟に至った時点でその判決の如何にかかわらず、七十七銀行は負けたのです。

裁判長は如何な判決をだすのでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

タブー「食品関連法を全守できていることを現代科学レベルでは到底証明は出来ません」

2014年02月21日

198円の食品に100兆円のコストをかけても、です。強弁するのはタブーなのでしょうが、口にチャックの常識、ではあります。この常識をあまり忌避すると食の安全に汗して努力する大手企業ほど苦境に追い込まれます、昨今の事件のように。

日本の大手食品企業グループが国内向けに製造・販売する以上、雪印やマルハニチロのようにバッシングを受ける気の毒な目に合わない方が奇跡というか...七不思議。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

フードディフェンスは程々に。天空を目指すバベルの塔はいずれ瓦解する。

2014年02月21日

矛と盾。哀しいかな、そういうものです。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店の裁判。銀行側が勝った場合、悲劇が無為に繰り返されることを社会が是とするのに等しい、私はそう思います。

2014年02月20日

企業責任を問わないなら、先々同様の悲劇を回避する芽を摘むことになります。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店裁判。銀行側の主張を認めた場合には支店長個人の判断ミス・責任ということになる。

2014年02月20日
裁判長が「組織としての銀行に過失は無く、単に支店長個人の判断ミス・情報収集を怠った重過失によって起った悲しい出来事」としたなら、別の形で悲劇は繰り返されるでしょう。「悲劇を繰り返さない」そのためには裁判長が企業責任を問う判決を示し、それが判例として広く流布することを私は被災地に在った者として伏して願います。亡くなられた多くの方々に少しでも報いるためにも。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

体調不調の主因は寝不足だったようで...体調回復。

2014年02月20日
この2日、ゆっくり風呂に入ってから爆睡。お陰様で体調宜し。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メニュー問題における景品表示法改正論議。シャケ弁当の話には苦笑。

2014年02月19日
あれは...ずわいがにコロッケ、だったでしょうか...紅ずわいがにを使っていたとして、公取が回収を指示したのではなかったかな〜...大人の社会ってダブルスタンダードどころの世界ではありません。メニュー問題の次に顕在化する問題はどれでしょう...誘発するので言えません、...って口の端がかゆくなります、危ない危ない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連事業者の法令順守・品質保証の状況はその事業環境によって千差万別。

2014年02月18日

努力が報われない業界というより努力しすぎると自身の首を絞めることになる、それが今の食品業界実情。努力しない者は救われる、...大人の社会は複雑怪奇、です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

自著「食品に関する法律と実務がわかる本」は品質保証品質管理専任従業員がいる食品製造加工会社には不要な本です。

2014年02月18日
専任の品質保証品質管理従業員を中途採用していない中小零細食品製造加工会社向けに書いた本です、誤解を誘発するつもりはありませんが、対象外の人が買ってしまった場合は...ごめんね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

久し振り、に復興支援の真似事。

2014年02月14日
いろいろ立て込んでおり、「やつれたね〜」と言われる状況ですが、復興支援は別儀。

久方振りに食品事業者への復興支援...真似事レベルのほんのちょっとの助力ですが...ちょっと嬉しい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「やつれたね〜」と言われ...確かに、このところ疲れを自覚していますが...。

2014年02月11日
そんなにやつれたかな〜...。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「食品の法律習熟とその順守実務に携わって良かった」東日本大震災発災後切実にそう思いました。

2014年02月04日

停電後の冷凍庫・冷蔵庫に保管してある冷凍食品・冷蔵食品は「法律上販売してはいけない、但し無償提供なら法に反しない」ということを知っていましたので。

人に優しくして頂き、助けて頂き、何とか生きてきましたので、私もそうでありたいと思ってはいましたので...。

震災後を振り返り、この仕事をしてきて善かったなあ〜、しみじみ思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています